【オススメ書籍】「バカは最強の法則」

【スポンサーリンク】



こんにちは!久しぶりにオススメ書籍の記事です。

堀江貴文さんの本は、メルカリで買って以下の6冊は読みました。

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

すべての教育は「洗脳」である~21世紀の脱・学校論~ (光文社新書)

好きなことだけで生きていく。 (ポプラ新書)

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

多動力 (NewsPicks Book)

99%の会社はいらない (ベスト新書)

その中で一番読みやすくまとまっているのが、「バカは最強の法則」です。

マンガですから、30分くらいで理解できちゃいます。

内容から掘り下げて、このブログで紹介した投資案件など振り返ってみようと思います。

金儲けに執着して人生を破綻させないために

はい、このブログも投資やビジネスをテーマにしているので、耳が痛い話ですねw

金儲けに目がくらむと判断力が鈍って、根こそぎ金を持っていかれる。リスク管理の話です。

投資ビジネスの案件はプロでもカンタンにうまくいかない難しい世界。

ちゃ〜も金に目がくらんで『スマホを毎日5分ポチポチするだけで、ラクラク副業♡』なんて話にグラッと来ないこともないですよw

そんなんが本当ならやりますw

現に、このブログで紹介しているCCPの案件は破綻こそしていないものの、話が止まっています。

ポンジ・スキーム(ネズミ講)でなく、前評判は良かったのですが、アテにならなかったですね。

でも、お金に目がくらんで預貯金を全額ぶち込んわけもなく、余剰資金の余剰資金で投資しているので致命傷にはなっていません。

結構小心者なのでwたぶん。『この案件すげー!』って身の丈以上の額を投入した人もいるでしょう。嗅覚がない、もしくは鈍っていたのかもしれません。

経験がないうちは、騙された!でも良いと思うんですが、致命傷にならないようにリスク管理することですよね。

ここで致命傷を負ってしまうと、他の案件で金に目がくらみ、融資を受けて投資行為に走ってしまうんですよね。それは危険な賭けでしかありません。

嗅覚は大事

こんなブログを発信していると、有り得ない配当率を提示してくる、投資案件のお誘いが来ます。

そういうのはスルーしてますが、最終的な判断理由は違和感とか嗅覚になってるような気がします。

この嗅覚のトレーニングで役に立っているのが、ブックメーカー投資です。ブックメーカーは記事をまったく書いていませんが、やってますw

雲行きが怪しくなったら損切りして、早い段階で勝ち逃げするとか、まさに嗅覚を磨くって感じです。

ブックメーカーという小さい相場だからこそ、トレーニングにはもってこいなんですよ。

その投資が致命傷にならないように、早めに適切な対応をとるのは大切です。誰でも外れることはあります。

まとめ

オススメ書籍という切り口から掘り下げて、投資案件の振り返りをしました。

この他にもSNS、人間関係、お金と信用などなど大切な要素が分かりやすく散りばめられているマンガなのでオススメです。

それでは!

【スポンサーリンク】






暗号通貨初心者でも可能
ビットクラブネットワーク

『Bitcoinは興味あるけど今さら?リスクは?』ドル建てなので、今の価格は関係ありません。マイニングなら日々のチャートを気にせずBitcoinを増やせます!