【ブックメーカー投資】サッカー本格運用

【スポンサーリンク】



4月27日から200$の25%の複利運用を開始したのでそのレポートです!

1試合50$を複利で運用していってます。これから、週ごとに運用成績を発表したいと思います。いやーボロボロだったら嫌だな(苦笑)

結果レビュー

208$→197$ トホホ〜

勝ち:8試合

負け:2試合

引き分け:3試合

勝率:72.73%(引き分けはカウントしない)

平均オッズ:1.1(勝ちの1試合あたり10%の利益ということです)

平均減額率:-62.5%(負けた2試合の損失率とのこと。1例えば100ドルbetしたら-62.5ドル負けということです)*ちなみに、全損(100ドルbetして全部吸い込まれて負けた)した試合はゼロです。

本格運用の壁

本格運用スタート!絶好調!と言いたいところですが(笑)師匠から『本格運用スタートするとすぐに壁にぶちあたる』と言われました。全くその通りになりました(苦笑)

ちなみ、師匠はお二人。投資コミュニティーの講師として1000人の生徒さんを教えている方です。

●元プロ麻雀士(頭脳明晰!)

●元スロプロ(モチベーションを上げてくれる!)

話は戻して、2試合大きな損失を出し本格運用の厳しい洗礼を受けたわけです。しかし、1$100試合betの時にも同じような頻度と減額率は確かにあったなとExcelを振り返りながら分析しました。bet額が50倍になったことにより、損失が増幅したように見えただけってことですね。こういうとき、キチンとExcelでデータを管理しておいて良かったなと思うわけです。

資金の増減はさほど問題ではないとして、感じたことは本格運用の『マネープレッシャー』です。1$の時も遊びでやっていたというわけではないですが、50倍のプレッシャーは半端ないです。

特にbetするかしないか精査して、betを最終決断する瞬間のプレッシャーを感じました。これが実践の空気か!さんざん精査したあげく、『やっぱりやめておくか』って見送った試合も何回かありました。慎重になるのはいいのですが、機会損失になってしまってはトータルの損益が崩れてしまうの要注意!と師匠よりアドバイスがありました(^o^)

意外にもbetしてからの立ち回りについては1$betのときと同じように立ち回りができたと思います。

投資に完全な方法論や立ち回りはない

1回の負けの損失が大きい傾向にあることについて師匠にアドバイスを求めた結果

『如何なる方法論を用いても、不可避の最悪パターンは存在する』

つまり、完全な方法論や立ち回りは存在しないということです。どんなに試合精査のスキルを上げても限界があるんですね。その時のスタッツ、流れ、過去の戦績、リーグ順位….あらゆる要素をクリアしても不可避な事象は起きるということです。そして、試合以外の法則もあるようです。

それは、自分自身の調子の波という、目に見えないことの話でした。自分自身の生活パターンと連動する『法則』があるようです。

勝負事とかスポーツにおける験担ぎとかメンタルの部分ですよね。一言でいうと薄っぺらいけど、確かにそこに何かはあるような気がします。やっぱりノウハウや情報商材だけじゃ不足なんだよな、そういったメンタルの部分まで指導してもらえるのは本当にありがたい。

とにかく、投資の世界にも目に見えないものが存在するんだということを心得て置こうと思います。ブックメーカー投資は奥深いな〜。まだまだ、鍛錬していこうと思います。では、次回もお楽しみに(^o^)

僕が実践している手法です↓

注意

投資は自己責任で行ってくださいね。

 

【スポンサーリンク】






暗号通貨初心者でも可能
ビットクラブネットワーク

『Bitcoinは興味あるけど今さら?リスクは?』ドル建てなので、今の価格は関係ありません。マイニングなら日々のチャートを気にせずBitcoinを増やせます!