【ブックメーカー投資】欧州サッカーはシーズンオフ

【スポンサーリンク】



はい、健康第一で長期安定型の投資家、ちゃ〜です。

最近は夜は野菜と納豆しか食べてません。食欲がないのではなく、糖質とカロリー制限して体調を整えております。

糖質とカロリー制限すると健康寿命が伸びることは研究でも分かっていますし、少食は腸に負担がかからないので疲労からの回復が早く、ショートスリーパーになります。

ブックメーカー投資においても感覚が研ぎ澄まされて勝負強くなるかなと。

欧州サッカーはシーズンオフ

6月、7月まで欧州サッカーがシーズンオフに入ります。僕が行っている手法は欧州サッカーに適しているので試合数が減ります。

それについて、投資コミュニティで通話ミーティングがありました。この2ヶ月間試合数が減るので、別の手法(サッカーの別の手法もしくはテニス)を練習するのも一つの手というお話もありました。

もちろん、少ない試合ながらも精度高く研究を深めるという選択肢もあります。

サッカーとテニスの違い

ここで、ブックメーカー投資におけるサッカーとテニスの違いについて。

同じブックメーカー投資でもbetスキルや観点が異なります。サッカーは現状のデータと過去のデータに基づいて試合を精査しますが、テニスの場合、さらにLIVE映像から選手の状態を判断するのです。サーブの角度とか(笑)

サッカー

11人対11人で行うサッカーはデータに基づきブックメーカー側はオッズを計算して決定しています。データが豊富で比較的信頼性もあり、ブックメーカー側はデータをしっかり蓄積しているのです。

ブックメーカー投資の初心者はサッカーを選択するパターンが多いように思えます。

テニス

1対1のテニスは選手のその瞬間のコンディションが重要なので、ブックメーカー側が決定するオッズも狂っている事が多く、LIVE映像で期待値を見ていくんですよね。

だからこそ、ブックメーカー側のデータが及ばず、穴場を見つけて短期間で大きく勝てるのが魅力でもあります。資金を増やす上限が高いのもテニスの魅力です。

どちらもそれぞれの特徴があり、メリットとデメリット、適性があると思います。

継続してサッカーをbet

僕は継続してサッカーの同じ手法を継続します。

まだまだ経験値が必要なので、新しい手法を取り入れると混乱してしますからです。テニスに関してはしばらく挑戦しません。

引き続きサッカーでbetしていこうと思います。それでは、今日はこのあたりで!ありがとうございました!

【スポンサーリンク】






暗号通貨初心者でも可能
ビットクラブネットワーク

『Bitcoinは興味あるけど今さら?リスクは?』ドル建てなので、今の価格は関係ありません。マイニングなら日々のチャートを気にせずBitcoinを増やせます!