ビットクラブは実業か?その①

【スポンサーリンク】



はい、こんにちは!ちゃ〜です。

最近はBitcoinのことばっかり考えてます。ビットクラブネットワークでマイニング開始してひと月経過したわけですが、初めてリアルな事業説明会に参加しました。

ビットクラブはネットワークビジネスの仕組みを採用していますが、日本人で初期に参入した人たちに会ってきた訳です。

Bitcoinやブロックチェーン技術はもちろん、事業内容は理解していたので、その深い部分や参加する投資家たちの【層】について肌で感じようというのが目的です。

投資家たちの層は?

よくありがちなネットワークビジネスや最近問題になっているBitcoinのHYIP(ネズミ講でそのうちぶっ飛ぶやつ)のイメージは

若くて派手な若者が『サラリーマンなんてやってらんねー!』とイケイケドンドンな感じなのですが、もしかしたらそうかな?って思ってました。

年齢層が高くハイステータス

事業説明会は100人近く収容できる会議室が満席。年代は幅広いですが、圧倒的に50歳以上が多かったです。

見た感じ品が良く、嫌な印象はありませんでしたね。ちゃ〜の近くに座った女性はおそらく母親くらいの年齢。

アムウェイ歴30年以上の大ベテラン。もう、引退はされているようですが、その頃からアムウェイビジネス経験されているとうことは、ピンタイトルも高く年収もそれなりにあるのではないでしょうか。

ダイヤモンドなんちゃらまでのタイトルをとったようです。『あの頃、一緒に頑張ったアムウェイ仲間たちが還暦を迎えたり、小孫の代にビジネスが伝わってるわよ』と感慨深く話してました。

ある程度のまとまった資金があるから、ビットクラブで運用しようと考えたみたいですね。

不動産投資感覚で事業に参入?

まとまった資金のある年配層の投資は不動産投資のイメージがありますが、不動産投資は銀行からローンを引っ張る関係でサラリーマンの管理職向けなんですね。

ですので、さっきのアムウェイ30年戦士のおばちゃんはスゴイですが、ローン審査が通らない可能性があります。おそらく、30年の経験で培ってきた信頼のある人脈からビットクラブの話が来たのではないか?と推測しました。

ビットクラブは1アカウント最大で$3500の投資額ですが、1人で複数のアカウントを保有することができます。人に伝えるよりも資金があるので、アカウントを複数持って効率よく運用しようというわけです。

ビットクラブは複利運用が可能なので、投資額が多ければ多いほど爆発力がアップします。100万単位の投資額がモデルケースみたいですね。1棟不動産の頭金のようなイメージですかね?

ただし、不動産投資と異なるメリットは以下のとおりだと思います。

  1. 不動産投資より回収スピードが早く、利回りはいい(と想定して参入している)
  2. 不動産取得税、固定資産税、管理費などのランニングコストがなくメンテナンスの心配は不要

どんな投資案件も一長一短ですので、デメリットもありますよ。

おそらくローンもなく、余剰資金で投資するので気軽な感じで参入しているのではないでしょうか?

別で聞いた、『ビットクラブは不動投資や株式投資と比較して参入する人も多い』という話しを思い出しました。

個人的には、ファイナンシャルやITリテラシーが高い人しか理解できない案件ではあると思います。

まとめ

ということで、ちょっと長い記事になりそうので続きは次回の記事で書いていこうと思います。

ビットクラブのイメージがよくわかりました。確かに、社会問題化したHYIP(ネズミ講)に参加する層とは違うな〜といった感じです。

結構まともな実業なのかも?ってことで次回もお楽しみに!それでは!


もし、ビットクラブネットワークに興味のある方はLINE@までご連絡下さい。

LINE@から「マイニング!」とお知らせ下さいね(^o^)

友だち追加

登録手順はこちらから確認できます。

ビットクラブの登録手順

2017.08.04
注意

投資は自己責任で行ってくださいね。

【スポンサーリンク】






暗号通貨初心者でも可能
ビットクラブネットワーク

『Bitcoinは興味あるけど今さら?リスクは?』ドル建てなので、今の価格は関係ありません。マイニングなら日々のチャートを気にせずBitcoinを増やせます!