ビットクラブは実業か?その②

【スポンサーリンク】



はい、こんにちは。ビットクラブネットワークのリアル事業説明会に参加した記事②ですね。

事業内容そのものを聞いて感じたこと、ビットクラブに早期参入している投資家のことを書いていこうと思います。

話を盛ってなくて、ちゃんとしてた

ええ、ちゃんとした人たちでした。お2人が前で話されていたのでちょっと書いてみます。

  • ビットクラブのファウンダーと運営に関わり、アジア・パシフィック担当の日系三世のおじちゃん。とてもフレンドリーで優しい感じ。
  • 元テレビ局の報道部勤務。貿易事業を経て、Bitcoinをドバイでマイニングしていた30代中盤の男性。理論的で説明が分かりやすい。

私のイメージするネットワークビジネスのリーダーはパリッとスーツをキメて派手で、プレゼンテーションが半端なく上手。何かカリスマ的な魅力がありますよね。

場合によっては派手な調子乗った若者が風を切って歩いて来る的なw(もう、そういうのええわ)

お二人はネットワークビジネス成功者のような感じではないのですが、むしろそれが自然で親しみがありました。話を盛ってる感がないというか。

もう、ちゃ〜くらいの経験になると分かるんですよね、『これ、盛ってるなw』と。

結論、印象は自然で良かったです。

ビットクラブのマイニングが実業である理由

さて、事業の中身について。

Bitcoin、ブロックチェーン、マイニングについては理解していましたので、多くは知っていた内容ですが、一部新しい内容と深く理解できたことを書きますね。

ビットコインキャッシュ(BCC)には対応できる

8月1日にBitcoinが分裂して、BCCという新しい暗号通貨が誕生する予定です。

これについて、色々情報は錯綜して混乱を招いていますが、日本の取引所でもBCCに対応するところもあるようです。

さて、ビットクラブはというと『ビットコインキャッシュもマイニング可能』ということでした。こういった最新情報についてキャッチアップしているのは信頼できるなと感じました。

また、今回のBitcoin分裂騒動についても、バックオフィスできちんと対応について声明を出しています。日本の取引所も各社声明を出していましたね?そんな感じです。

誰でもマイニング実績を見られることが信頼できる

信頼できる一番のポイントはココだと思います。

Bitcoinは中央銀行が存在せず、ブロックチェーンを中核技術としています。

Bitcoinの取引はブロックチェーン台帳に記載されて履歴が残っていくわけですが、この台帳を記載していく作業をマイニングといい、マイニングする人(企業)をマイナーと呼びます。

このマイニング関する履歴も同様にブロックチェーンに毎日公開されています。

マイニングのシェア統計(blockchain)

マイナーの勢力分布はこちら。ビットクラブは確かにブロックチェーンにマイニング実績が掲載されてるホンモノのマイナーであるということです。

このように、それぞれのマイナーがいつ、どのくらい台帳を記載したか全て残っています。

そして、マイニング実績が良い時も、悪い時もあるということで、それも含めて公開されているのです。

これはハッシュレートといって、マイニングスペックの指標となる値です。ビットクラブのバックオフィスで公開されています。

ネットワークビジネスって良い事しか公開しないイメージがあるんですよね。上のリーダーも会社も。

新製品の売上がイマイチなこと、会社の業績がイマイチなこと、公開を避ける傾向にあります。少なくとも、すぐに分かるようにはなっていませんし、会話にも出てきません。

メンバーのモチベーションを低下を防ぐためなのですが、それは実業とは言えないと思います。

HYIPと比較してみる

実は、ビットクラブを知る前にマイナーワールドという同じくマイニング投資をスタートしていました。

今回で、その違いが明らかになりました。

マイナーワールドはマイニングのシェア統計(blockchain)からその名が確認ができず実態が不明なんです^^;

ブラジルで自前の取引所を持っているので、8月1日の分裂問題には声明を出していて、配当も出金も問題はないです。

実態はあるのですが、このあたりはビットクラブより信頼は低いのかなと思います。こういった比較対象があると分かりやすいです。

結論、ビットクラブのマイニングは虚業ではなく実業である!

と判断しました(^o^)

2017年7月現在、マイナーが1回のマイニングに成功すると12.5BTCの報酬が貰えることになっています。

24時間ごとの各マイナーの成功回数がこちらです。

ビットクラブは24時間で8回のマイニングに成功しているので、12.5BTC×8回=100BTCを獲得したことになります。

現在のビットコインレート1BTC=300,000円を掛けると3000万円になります。

ビットクラブ全体での1日のマイニング報酬は3000万円です。

これが、ブロックチェーンの台帳から確認できるのです。

故に、ビットクラブのマイニングは実業であると判断しました。透明性が高く、ウソのつきようがない正直な実業です。ブロックチェーンが中核技術ですからね。

配当額も決まってません。悪い時もあります。だからこそ信頼ができると感じました。

ちゃ〜はユーチューバーならぬ、マイナーですw

それでは、今日はこのあたりで!ほな。


もし、ビットクラブネットワークに興味のある方はLINE@までご連絡下さい。

LINE@から「マイニング!」とお知らせ下さいね(^o^)

友だち追加

登録手順はこちらから確認できます。

ビットクラブの登録手順

2017.08.04
注意

投資は自己責任で行ってくださいね。

【スポンサーリンク】






暗号通貨初心者でも可能
ビットクラブネットワーク

『Bitcoinは興味あるけど今さら?リスクは?』ドル建てなので、今の価格は関係ありません。マイニングなら日々のチャートを気にせずBitcoinを増やせます!