ビットクラブは実業か?その③

【スポンサーリンク】



はい、こんにちは。ビットクラブネットワークのリアル事業説明会に参加した記事③ですね。

②を読まれていない方は、是非②を読んでみて下さいね。

ビットクラブは実業か?その②

2017.07.30

今回は、創業者の外国人のおじさんが来日すると伺ったので、情報を取りに都内のホテルまで行ってきました。

多くは既に知っていることだったので、最新情報や重要なことのみ記事にしていこうと思います。

注意

同時通訳で聞いたので、不確実な内容もあります。

大まかな内容とスピーカーの紹介

ブロックチェーンやBitcoinのことをあまり知らない人も来ているので、そういった基本的なお話が多かったように思います。

今回のスピーカー3人いました。1人は大した話してなかったので覚えてませんw(←でも、メチャ稼いでいる人だと思いますよw)

  • ビットクラブの創業者。たぶんアメリカ人。スキンヘッドで強面。
  • 短期間で爆益を上げた40代後半男性。プレゼンテーションで引き込まれる!

こんな感じでした。

Bitcoinのフォーク(分裂)に関しては将来的にも心配ない

前回の事業説明会でも聞いた話ですが、フォークについて。

8月1日、フォークにより新しく誕生したBitcoin Cashにも対応することは記事にしましたね。今後、11月にもフォークが起きると予想されていますが、対応可能だそうです。

Bitcoin Cash↓のウォレットも新設されました(^o^)

すなわち、フォークで新しいコインが誕生したとしてもマイニング可能ということです。Bitcoin Cashのマイニングは既に行っていて、詳細については後日ってことでした!

そのために、プログラミングの準備もしているとか。

フォークによって、もともとのBitcoinの価値が下がると心配してしまうのですが、むしろ価値が上がるそうなのです。

確かに、8月1日フォーク後、もともとのBitcoinの価値は上昇しているんですよね(2017年8月5日現在)。

ちなみにですが、フォーク自体は誰でもやりたければできるんです。マイナーの支持と資金がなければ実用的な意味で実現しないだけの話で。

今後、新しい暗号通貨を作るよりも、Bitcoinから分裂した方がよくね?思う人が増えてフォークが起こる可能性は高いのだそう。

日本のメデイアは『Bitcoin再び分裂の危機!今度こそバブル崩壊!?』と煽り立てると思いますがw冷ややかに見ましょう。

ということで、信じるか信じないかのレベルですが、ちゃ〜的にはフォークはもう心配しないことにしました。

ビットクラブは囲い込み戦略しようとしてる

次です。これは面白い内容でしたよ〜。これは、完全にちゃ〜が感じた主観も入ってますのでご了承下さい。

囲い込み戦略とは

楽天が分かりやすいと思いますので、例えてみます。楽天て一つの商圏ですよね。

楽天の中にショッピング、トラベル、モバイル、ゴルフ、クレジットカード、銀行、証券などなど。そしてその商圏でのみ通用する通貨、楽天ポイント。

楽天という商圏にユーザーを囲い込み、これも楽天、あれも楽天とサービス展開をして収益を効率よく上げ、ガッチリユーザーを離さないモデルです。

聞こえは悪いですけど、このブログはビジネスや投資の話なのでご了承下さいね。

ビットクラブの囲い込み戦略とは

では、ビットクラブはどんな戦略なのでしょうか。

  1. まず、Bitcoinのマイニングする人をMLM(ネットワークビジネス)の仕組みで集める
  2. 新商品のGPU(Bitcoin以外の暗号通貨)のマイニングを投入して客単価を上げる
  3. コインペイとクラブコインを導入して商圏を完成させる
  4. ③によりBitcoinの普及が進み、さらに価値が上がる。
  5. マイニングと相乗効果を生む

こんな感じです。②まではOKですね?

③については、以前の記事でも触れました。

【ビットクラブ】Founderプランのメリット

2017.07.08

コインペイとは

Bitcoinの決済ツールです。その辺のお店に『おたくのお店にBitcoinで支払いできるようにしませんか?』ってツールを拡散していきます。

この代理店の権利があるとかないとかは不明なのですが、コインペイが世界的に広がることを計画しているようです。

はい、コインペイのお陰でBitcoinはさらに普及しその価値もあがります。マイニング報酬も上がりますね。相乗効果でBitcoinがグルグル回ります。

クラブコインとは

たぶん楽天ポイントみたいな感じです(もうチョットすごいかもだけど、分かりやすくねw)。コインペイを導入しているお店で使え、さらに割り引かれるというのです。

ビットクラブのメンバーたちはお得ですよね。ふむふむ。

この戦略は話半分

要はBitcoinを使うだけでなく、扱う側になって儲けましょうよってことだと解釈しました。この囲い込み戦略は、成功したらスゴイ可能性を秘めています。

しかし、囲い込み戦略を謳っていながら、成功に至っていないネットワークビジネス企業も知っていますので、話半分くらいですね。

マイニング報酬だけで十分でもあるので、様子見って感じです。なんか、冷めててごめんなさいw

再重要なことはマイニング履歴はブロックチェーンに記載されており、改ざんができないこと

コレについては、同じことを何度も書きます。ビットクラブが詐欺ではなく、実業である所以だからです。

Bitcoinは中央銀行が存在せず、ブロックチェーンを中核技術としています。

Bitcoinの取引はブロックチェーン台帳に記載されて履歴が残っていくわけですが、この台帳を記載していく作業をマイニングといい、マイニングする人(企業)をマイナーと呼びます。

このマイニング関する履歴も同様にブロックチェーンに毎日公開されています。このブロックチェーン台帳に記載されているものは、改ざんができないのです。

だから、ブロックチェーンが技術革命と言われるのですね。

まず、マイナーの勢力分布はこちら。ビットクラブは確かにブロックチェーンにマイニング実績が掲載されてるホンモノのマイナーであるということです。

マイニングのシェア統計(blockchain)

このように、それぞれのマイナーがいつ、どのくらい台帳を記載したか全て残っています。

そして、マイニング実績が良い時も、悪い時もあるということで、それも含めて公開されているのです。

これはハッシュレートといって、マイニングスペックの指標となる値です。ビットクラブのバックオフィスで公開されています。

さらに、ビットクラブは24時間でどのくらいマイニング成功したのかもブロックチェーンに記載されています。

2017年7月現在、マイナーが1回のマイニングに成功すると12.5BTCの報酬が貰えることになっています。

ビットクラブは24時間で8回のマイニングに成功しているので、12.5BTC×8回=100BTCを獲得したことになります。

現在のビットコインレート1BTC=300,000円を掛けると3000万円になります。

ビットクラブ全体での1日のマイニング報酬は3000万円です。

これが、改ざんができないブロックチェーンの台帳から確認できるのです。

報酬プランとまとめ

その後、MLMによる紹介報酬の説明がありましたが、面倒くさくて聞きませんでしたw

こんど、勉強して記事にします〜スイマセン。

ということで、ビットクラブのマイニングはスゴイというより、ウソのつきようがない実業であるなと再認識をしたのでした。

いよいよ、マルイグループもBitcoinの決済を導入しようとしているそうですよ。

Bitcoinは普及するか?衰退するか?

ほな!また!


もし、ビットクラブネットワークに興味のある方はLINE@までご連絡下さい。

LINE@から「マイニング!」とお知らせ下さいね(^o^)

友だち追加

登録手順はこちらから確認できます。

ビットクラブの登録手順

2017.08.04
注意

投資は自己責任で行ってくださいね。

【スポンサーリンク】






暗号通貨初心者でも可能
ビットクラブネットワーク

『Bitcoinは興味あるけど今さら?リスクは?』ドル建てなので、今の価格は関係ありません。マイニングなら日々のチャートを気にせずBitcoinを増やせます!