1/28資産運用EXPO行ったよ

【スポンサーリンク】



1/28に資産運用EXPOに行ってきました。

国内外の不動産や金、投資信託、金などなど。様々な企業がブースを出したり、セミナーを行っていました。

東京ビッグサイトで行ったので、かなり広いです。

VIPチケットを頂いたので、静かなラウンジでドリンク飲み放題。快適に過ごせました\(^o^)/

今回は目的があって、積み立てNISAとロボアドバイザーについて詳しくしりたいなと思ったのです。

積み立てNISA

2018年から積み立てNISAが開始されました。NISAと何が違うのか?何がオトクなのか?

ジャパンネット銀行のブースに行ってきました。

ちなみに、ジャパネットたかたとは無関係です!(マジで勘違いする人がいるので)

積み立てNISAが盛り上がらないのは、金融機関側が儲からないかららしい

積み立てNISAの申込状況はイマイチみたいです。なぜか?

金融機関側が儲からないから、売る気がないからみたいですね。手数料もないし、いつでも売却できるからだと思います。

ちゃ〜
ということは、消費者にとっては有利な商品ということ!

と考えられるんじゃないかなぁ〜と思います。

積み立てNISAのポイント、普通のNISAとの違い

ポイントは以下のとおり。

少額から積み立て可能で、最大で800万円まで非課税。いつでも売却可能。

もちろん預金よりリスクはあるのですが、デメリットは少ない(損益通算、繰越控除できない、商品が限られるがデメリット)ですよね〜いつでも売却できるのは嬉しい。

普通のNISAとの違いは、以下のとおりです。

どちらが向いてるのかはSBI証券でアドバイスしてくれます。カンタンな質問に回答するだけです。

マネックス証券のロボアドバイザー

次の目的はロボアドバイザー。こっちがどちらかと言うと本命。

ロボアドバイザーはウェルスナビとかTHEOが有名ですね。

マネックス証券が2種類のロボアドバイザーを開発したのでブースまで行ってきました!

ロボアドバイザーの誤解

まず、よくあるロボアドバイザーの誤解を先に解いておきます。ブースのミニセミナーで聞きました。

  • 人工知能がいい感じに儲けてくれる?→なわけない!
  • リーマンショックを予知して回避してくれる?→なわけねーだろ!

らしいです。まぁ、そうだよね。

じゃ、ロボアドバイザーの価値ってなんなの?というと

  • 感情的になって非合理的な判断(ミス)を回避すること

らしいです。

よくあるタラレバ。あの時、焦って売ってしまった!売らなきゃよかった!とかその逆もありますよね。人間なので。

人工知能には感情がないので、愚直に取引を進めてくれるのです。投資に感情は要らないですからね。

マネックス証券のロボアドバイザーは2種類

マネックス証券のロボアドバイザーは2種類あるそうです↓

  • 完全おまかせ型(MSV LIFE)←ナビが付いてて、自動運転のイメージ。ウェルスナビとかTHEOもこのタイプ。
  • カスタマイズ型(マネックスアドバイザー)←ナビを見ながら自分で運転するイメージ。

完全おまかせ型は目標からの逆算で、目標にたどり着くようにフォローしてくれます。

カスタマイズ型は自分の運用スタンスを決めて、それに合わせてフォローしてくれます。多少、手間ひまがかかるので完全おまかせ型より手数料が安いのがメリットですね。

どちらも、少額からスタートして、いつでも解約できるみたいです。

なんでも、スマート積立システムが搭載されてて、目標ポートフォリオに対して不足している銘柄を優先的に買い付けしてくれる。

つまり、リバランス効果がある。リバランスの頻度が減るってことは手数料も抑えられるってことよね。スゲ(゚∀゚)

まとめ

積み立てNISAにしろ、ロボアドバイザーにしろインターネットで情報収集はできます。

しかし、こうしてリアルで話を聞いたりすると納得感は違うかな〜と思いました。

どちらもいつでも辞めることは出来る商品だし、やってみようかな〜と考えてます。

積み立て投資は早いうちが良いですからね。では!

注意

投資は自己責任で行ってくださいね。

【スポンサーリンク】






暗号通貨初心者でも可能
ビットクラブネットワーク

『Bitcoinは興味あるけど今さら?リスクは?』ドル建てなので、今の価格は関係ありません。マイニングなら日々のチャートを気にせずBitcoinを増やせます!