ビットクラブ Bitcoinの半減期から見た出口戦略 報酬シミュレーション

【スポンサーリンク】



ビットクラブ 最新ビルダー登録 不動産投資と比較してみる

2017.10.01

はい、こんにちは!暗号通貨の保有歴4年目のちゃ〜です。

ビットクラブの記事も基本的なことについては、ほぼ書いたかなと言う感じです。

これからは最新情報をアップデートしていきますが、Bitcoinの半減期について書いてませんでしたね。

Bitcoinの半減期とは?

出典:ビットフライヤー

4年に1回のペースでマイニング報酬が半分に減るのです。

Bitcoinのプログラムされているルール

  1. Bitcoinの最大発行数2,100万BTC
  2. Bitcoin発行期間2140年まで
  3. 2009年から4年ごとに新しく発行されるBitcoinの数が半分に減る

次の半減期は2020年で1ブロックあたりのマイニング報酬は6.25BTCに半減します。

順調にビットコインが普及していけば、『需要』が高くなる一方で新規発行『供給』が少なくなるのでビットコインの価値は高騰するはずです。

金のように希少価値が出てくるということですね。

ところが、予想よりも普及せずにビットコインが高騰しなかった場合はマイナーにとっては致命的な問題となります。

価値が上がらずに、マイニング報酬が半減したらイヤですね。。。

再投資率100%で半減期を迎えると不利かも

今からの話は、半減期後はBitcoin価格が上がらなかった(T_T)という良くない想定(控えめな想定)でします。

現在、ちゃ〜は再投資率を100%にして運用しています。つまり、マイニング報酬を全く受け取らず、全て再投資に回しているのです。

良くない想定で半減期までに再投資率100%まで回してしまうと、総報酬が減ってしまいますね。

そう思った動画がこちらです。2017年9月1日をマイニングスタートと想定すると再投資率100%は1年半が無難なのでは?とも思いました。

報酬を確実に受け取ってから半減期を迎えるのが安全であるという考え方です。

7分ぐらいの動画で、$3,500の単独でのマイニングシミュレーションは6:00くらいです。時間のあるときにゆっくり見てみてください。

しかし、半減期後は手数料増えることも想定される

ここからは、良い想定です。

半減期後はBitcoinに希少価値が生まれて価格が上がるという良い想定のほかに、もう一つ想定があります。

それは手数料のことです。Bitcoinの送金で手数料が少しかかりますね。

この手数料、一体誰に支払われるのでしょうか?

実は、ビットコインでは手数料は優先的にマイナーに支払われる仕組みになっているんです。

なぜなら、ブロック生成の一番の功労者は膨大な承認計算をしてくれたマイナーにあるわけですからね。

ここで、例として過去に生成されたBLOCKCHAINのブロックを見てみましょう。

2009年1月9日。

画像は記念すべき1ブロック目です。(クリックすればBLOCKCHAINに飛びます)

ブロック報酬(新規発行)は50BTC、推定取引量は0BTC(笑)なので取引手数料も発生しておらず0BTCとなっているのが分かります。

まだビットコインに価値は生まれていません。

画像は25000番目のブロック。

ビットコインが世の中に出てから時が流れて2013年8月3日です。

1度目の半減期を迎えているのでブロック報酬は25BTCに。

その代り推定取引量は554BTCと増えて、取引手数料は0.111901BTCに増えています。

つまり、このブロックを生成したマイナーには、25+0.111901BTCが支払われています。

そして、2017年、ビットクラブが最近マイニングしたブロックです。

ブロック報酬は12.5BTCと2度目の半減を迎えていますが、これほど大量の取引があるので手数料が1.23BTCにまで膨れ上がっています。

さて、このままいけば2020年にはどうなっているでしょう?

上の画像は1ブロックあたりの取引量の推移ですが、増加していますね。

このままビットコインが順調に普及して取引量が増えていけば、ブロック報酬<取引手数料となるタイミングが来ると想定できます。

そうなれば、例え半減期を何度か迎えたとしてもマイニング報酬のウェイトは既に取引手数料に置かれているためマイナーの報酬は続いていくでしょう。

ビットクラブでは最初のプール購入以降は一切の追加投資が不要ですから、マイナーにとって一種の権利収入となるはずです。

また、高騰する前の段階でマイニングを始めれば初期に得られていたビットコインの値上がり益も期待できます

まとめ

今日は半減期について書きました。

再投資率をどこまで100%で引っ張るのかという、良くない想定したときの出口戦略。

そして、半減期後はマイナー特有のメリットもあるということですね。

結論として、

もし、マイニングをスタートするなら早いほうがいい!

ということだと思います。

この情報がお役に立てれば幸いです(^o^)では!


もし、ビットクラブネットワークに興味のある方はLINE@までご連絡下さい。

LINE@から「マイニング!」とお知らせ下さいね(^o^)

友だち追加

登録手順はこちらから確認できます。

ビットクラブの登録手順

2017.08.04
注意

投資は自己責任で行ってくださいね。

【スポンサーリンク】






暗号通貨初心者でも可能
ビットクラブネットワーク

『Bitcoinは興味あるけど今さら?リスクは?』ドル建てなので、今の価格は関係ありません。マイニングなら日々のチャートを気にせずBitcoinを増やせます!