ビットクラブ 評判悪い マイニングかネットワークビジネスか

【スポンサーリンク】



こんにちは〜暗号通貨の保有歴4年のちゃ〜です。

ビットクラブの評判がやっぱり悪いのでw

もう少し記事を書いていきます。

このブログにアクセスしてくださった方から

『友人からビットクラブを勧誘されてるんだけど・・・ちょっと・・・(やりません)』というネガティブなお問合わせが非常に多かったり、

実際に1000人規模のセミナーに行って全く別で活動している方と話したり、セミナーの雰囲気を感じとって、気づいたことを書きます。

主観を入れてますので賛否両論あると思いますが、気軽に読んでみて下さい。

ビットクラブの捉え方は大きく分けて2つある

何となく感じたのですが、大きく2つだな〜と感じました。

  1. ネットワークビジネス(MLM)として捉える
  2. マイニングプールとして捉える

この2つの特徴について解説しますね。

ネットワークビジネス(MLM)として捉える

いわゆる、いかにもネットワークビジネス!って感じのタイプです。

  • パリッとしたスーツ(おしゃれジャケット)でギラギラ系・見た目いい
  • 元(もしくは現役)で大手ネットワークビジネス経験あり
  • 喋りがうまく、話を盛る(ビットコインは必ず数百万になる!的なw)
  • とにかくポジショントークが多い(ビットコインやビットクラブに有利な話しか知らない・話さない)
  • ビットコインの価格が上がれば歓喜する
  • 自分の傘下のメンバーが増加して、紹介料をもらって歓喜する
  • これが最大のチャンスなのでなるべく多くの資金を投入させる(場合によって借金させるとか)
  • ビットコイン勉強会で集客/ゴリゴリなクロージング
  • ビットクラブを知ってから⇒ビットコイン凄いっていう順番

ちょっとディスり気味ですが、彼らの強みは組織拡大。紹介料のボーナスはスゴイと思います。

短期間でどんどん上のタイトルを達成します。ある意味、本当に羨ましいです。

あの勢いは本当に凄い。でも、評判悪くしちゃいます。ネットワークビジネスにしか見えないので。

中身がちゃんとしてるビットクラブでも、単なるマネーゲームになったら本当に評判悪くしちゃいます。

ネットワークビジネスから見たビットクラブの優位性

ビットクラブはランニングコスト(製品買い込み)がないので、ネットワークビジネス経験者には非常にやりやすいビジネスなのです。

一度構築した組織が崩れることもないのが、スゴイいいところですね。

マイニングプールとして捉える

ネットワークビジネスとは毛並みの違う人種です。

  • ビットコインやブロックチェーンの技術的な側面を重要視する
  • 暗号通貨やビットコインそのものが好き⇒ビットクラブすごいという順番(ネットワークビジネスタイプと逆)
  • なんだったら、自分で個人的にマイニング経験ある
  • ネットワークビジネス臭がしない(見た目・話し方・空気感w)
  • まずは、マイニングプールありき。ビットクラブのマイニング機材やハッシュレートが気になる
  • 俯瞰的な側面をもつ(投資はリスクあるので余剰資金で/ビットコインは上昇するがいくらになるかは分からない)
  • ビットコインのフォーク(分裂)にもある程度詳しい
  • ビットコインの価格が上がったり、傘下のメンバーが増加すれば嬉しいが、ビットクラブのハッシュパワー増強が至上命題だと思っている
  • ゴリゴリクロージングしない(できないw相談相手って感じ)

もちろん、ちゃ〜はこっちタイプですし、こっちタイプの人と活動してますw

組織の拡大は比較的に緩やかです。マニアックなのですが、純粋に暗号通貨やビットコインの可能性から入ってます。

ちゃ〜の暗号通貨との初めての出会いは4年前のリップルだったんですけどね。

リップルとビットコインは性質が全く異なりますが、どちらも可能性があります。

世の中の役に立てばいいな〜と考えてます。

ビットクラブの本質はマイニングプールだと思う

こうしてみると、この2つは本質違うな〜と。

ちゃ〜はビットクラブの本質はマイニングプールだと思います。

ただ、ネットワークビジネスの仕組みは非常に合理的でビットクラブの運営を支えていることは間違いないです。

それに、組織を拡大して事業に貢献したメンバーには報酬が多くて当たり前ですからね。

しかし、メンバー数の増加に比例してマイニングのハッシュパワーを増強していかないと配当は減ります。

世界最大手のマイナーたちのハッシュパワーとも比較して、

ビットクラブがどれだけのシェアをキープできるかも大事な要素になってきます。

ビットクラブの強みはココ!

ビットクラブの強みはメンバーが増えて売上が上がったら

  1. 最新のマイニングマシンを注文⇒買い付け⇒支払いという合理的な手法(たぶん無駄な在庫を極力控えてる)
  2. 最新のマイニングマシンを設置して稼働(ハッシュレートを増強)
  3. 最新のマイニングマシンが一定以上増えたら、旧いマシン売却

という合理的なコンピューター処理(並列処理という)をしながらトコロテン式でマシンを入れ替えるというスキームです。

これが、マイニングプールであるビットクラブの扇の要なのです〜

ビットコインのフォークにいて

これは、大型セミナーで情報がなかった内容です。

難しいし、ぱっと見ネガティブですからね。

ビットコインのフォーク(分裂)が11月中旬に予定されていますが、ビットクラブはこの準備も進めているとのことです。

新たに誕生する可能性があるビットコインにハッシュパワーを回しているところなのです。なので、ちゃ〜は比較的安心しています。

8月のフォークの対応も素早く安心できました。

まとめ

ビットクラブの捉え方はさまざまです。

ちゃ〜の場合は紹介者や日ごろ連絡をとっているリーダーとは肌に合っているな〜と感じてます。

ビットクラブをマイニングプールとして捉えられる方、一緒にビットクラブやりましょう。

そして、この暗号通貨の黎明期に活動して情報を累積して楽しみましょう(^o^)

リスクはもちろんありますよ!でも、楽しいです。

この、楽しさが伝われば人は増えていくと思います(^o^)

では!


もし、ビットクラブネットワークに興味のある方はLINE@までご連絡下さい。

LINE@から「マイニング!」とお知らせ下さいね(^o^)

友だち追加

登録手順はこちらから確認できます。

ビットクラブの登録手順

2017.08.04
注意

投資は自己責任で行ってくださいね。

【スポンサーリンク】






暗号通貨初心者でも可能
ビットクラブネットワーク

『Bitcoinは興味あるけど今さら?リスクは?』ドル建てなので、今の価格は関係ありません。マイニングなら日々のチャートを気にせずBitcoinを増やせます!