CMEグループがビットコイン先物を年内開始

【スポンサーリンク】



こんにちは!暗号通貨の保有歴4年のちゃ〜です!

もうね、

ビット
●●でビットコイン支払い受付可能!大物●●がビットコインはスゴイって言ってる!

こういう系のニュースをドヤ顔でシェアされるとね、

ちゃ〜
もう、そういうので騒ぐのええからw

って感じです。

そうやって騒ぐ人に限って、バフェットさまが『ビットコインはバブルであり、評価できない』

というニュースにはダンマリw

この世界はポジショントークが多いので注意が必要ですね^^;

ですが、これはビッグニュースだなと思えることがありました。

CMEグループがビットコイン先物を年内に開始

こんなニュースが!!

この発表でビットコインは高騰したみたいですね。

CMEグループとは?

シカゴ・マーカンタイル取引所(シカゴ・マーカンタイルとりひきじょ、英語Chicago Mercantile Exchange、略称:CME または “The Merc”, NASDAQCME)は、アメリカ合衆国シカゴにある商品先物取引所及び金融先物取引所である。なお、mercantile exchange は「商品取引」という意味の語であるが、シカゴ商品取引所(CBOT)との区別の必要性などから習慣的に表題のような訳語となっている。

ウィキペディアより

まーとにかくグローバルってことね、シカゴだしね(*´ω`*)世界最大の先物市場のようですよ。

もちろん、規制当局の承認が下りてから先物登録となります。

ビットコインの先物取引とその影響は??

ビットコインの先物取引が行われるようになると、少ない資金でビットコインの値上がり益をゲットできます。

先物取引のことはそんなに詳しくないので、ちょっとスルーしますが^^;

ちゃ〜
CMEグループにおいて、株や為替、不動産と並んでビットコインが取引されるようになります。しかも、向こう何年の価格を想定して取引されるということです。

規制のもとで、機関投資家のビックマネーがどんどん流入されることが予想されます。これは大きいですよね。

次は、ETF(上場投資信託)では?と言われているほどです。

ビットコインも本物のオフィシャルになってきたって感じです。

デメリットとしては、空売りも増えるので今よりも市場が乱高下すると言われています。

個人投資家には厳しいかかも(-_-)

キャズムを超えた?

新しいものが流行って広がるには順番があると言われますよね。

出典:ITメディア

イノベーターからどんどん広がっていきますが、青い四角のところが溝、すなわちキャズムがあると言われれます。

アーリーアダプターからアーリーマジョリティーの間には深い溝があり、ここを超えなければ流行らないのです。

このCMEの一件で、堀江さんはキャズムを超えたかとコメントしてました!

出典:NewsPicks

まとめ

ビットコインは次のステージに来たのかもしれません。

まぁ、ビットコインなんて所詮バブルでしょ?

とか知ったかぶりで言えなくなる日も近いですよ。

こう考えると、ハードフォークが落ち着いてから一気に広がるのかなぁって思います。

では!


ビットコイン・・・リスク?危険?今さら?

ビットコインの価格は高騰してますが、まだ間に合います。

実はマイニングというサラリーマンにピッタリ★放置系のコツコツ系の増やし方があります。

毎日、チャリンチャリンとビットコインが増えていきます。

  • 毎月のランニングコストありません
  • ビットコインが値上がりしても、ドル建てで投資するので今からでも間に合います
  • $599からの投資が可能

ビットクラブを一撃で理解する

2017.08.07

もし、ビットクラブネットワークに興味のある方はLINE@までご連絡下さい。

LINE@から「マイニング!」とお知らせ下さいね(^o^)

友だち追加

登録手順はこちらから確認できます。

ビットクラブの登録手順

2017.08.04
注意

投資は自己責任で行ってくださいね。

【スポンサーリンク】






暗号通貨初心者でも可能
ビットクラブネットワーク

『Bitcoinは興味あるけど今さら?リスクは?』ドル建てなので、今の価格は関係ありません。マイニングなら日々のチャートを気にせずBitcoinを増やせます!